香典返し専用のカタログギフトで失礼のないお返しを

MENU

香典返しに専用のカタログギフトが人気

香典返しに専用のカタログギフトが人気

香典返しを選ぶのはなかなか苦労する

大切な人と永遠のお別れは突然やってきます。
病気などで入院している場合でも、ある程度覚悟はしていたとしても精神的なショックの大きさは計り知れません。

 

悲しみに暮れる間もなく、お通夜やお葬式などの準備もしなければなりませんから、心の整理がつかないまま忙しい日々を送ることになります。
初めてお葬式を仕切るという場合は何も分からない状態の方も多く、何から始めたらいいのか途方に暮れるという話も珍しくありません。

 

やらなければならないことが山積みですが、香典返しを選ぶことも早々に片づけなければいけません。
いざ自分が執り行う立場になった時、案外知らないマナーがたくさんあって慌ててしまいます。

香典返しに最適なものを素速く手配できるカタログギフト

香典返しは【志―おこころざし―】の特徴

香典返しをテーマにしたカタログの専門店です。
心のこもったお品物を取り揃えています。
挨拶状1枚から無料
御香典帳リスト作成や香典返しの相談も無料で!
喪中はがき・寒中はがきの無料作成も!
仏事のお返しに、食べて「消えてなくなる」と言われるところから
「お茶、海苔、コーヒー、調味料」はよく使われるお礼の品です。
そんな便利な品物が20%OFFでラインナップ中!

特徴 弔辞専門のプレミアムカタログから、最大47%OFFのギフトまで取り揃えています!
備考 コンビニや銀行、郵便局でお支払いできる「後払い決済サービス」はじめました。
香典返しとは?マナーについて知りたい

香典返しに専用のカタログギフトが人気

香典返しはお通夜やお葬式に香典をいただいた際、そのお礼の意味を込めてお返しするものを言います。
そのため、受け取った方が必要以上に気を使うことがないように、誰もが気持ちよく受け取ってくれるものを選ばなければいけません。

 

ちなみに香典返しは即日返しといって、香典をいただいたその時にすぐ渡す方法があります。
これはかつて東北地方や関東地方で行われていたスタイルですが、今はほとんどの地域で即日返しが行われています。
あとで誰から香典を受け取ったのかチェックしながらお返しをするのが手間も時間もかかるためだと言われています。

 

そのほかには忌明返しと言って、香典を受け取るお通夜やお葬式当日には粗供養品を渡して、喪が明ける49日から1週間以内に香典の半額相当のお返しの品を贈るという風習もあります。
先ほども話したように、今は即日返しが主流になっているため、忌明返しの風習は珍しいと感じる方もいることでしょう。

 

即日返しが主流になっていますから、身内が亡くなったときはすぐに手配をしたほうがいいとされています。
ところが気がかりなのは何を選んだらいいのかということです。

 

受け取る側みんなが納得するようなものを用意するために考える時間と心のゆとりはないのが現状です。
そんなときに頼りになるのがカタログギフトではないでしょうか。

香典返しで選ばれることが多いものとは

香典返しに専用のカタログギフトが人気

カタログギフトを選ぶとしても、カタログの内容を考える必要はあります。
一般的な香典返しで選ばれることが多いものは色々ありますが、例えば食品を選ぶ場合、相手の好みもあるので一種類に絞るのは難しいかもしれません。

 

だからと言って何種類も選ぶわけにはいきませんから、無難なところでお茶や海苔などのようなものを選ぶケースが多いようです。
紅茶やコーヒーなども人気がありますが、どちらも苦手であまり飲まないという方もいるので難しいところです。

 

また、案外喜ばれるものがタオルです。
タオルは私たちが生活していくなかで絶対に必要なアイテムですから、タオルをもらって困るということはないはずです。

 

フェイスタオルやハンドタオルがセットになっているものが特に人気で、実際にこれまで香典返しでタオルを受け取ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

それから洗剤セットなどは昔から人気のようで、洗剤と柔軟剤のセットなどは特に受け取る側も嬉しいと答えます。
お洗濯も毎日のことなので消耗品はいくつもらっても嬉しいものなのです。

なぜ香典返しにカタログギフトが人気なのか

香典返しに専用のカタログギフトが人気

香典返しとして人気のあるお茶、海苔、コーヒー、紅茶、タオル、洗剤セットなど、それぞれメーカーや種類がひとつだけなら迷うこともありませんが、どれも様々な種類が用意されています。
その中からこだわりのあるものを選ぼうとするとどうしても時間がかかってしまうのが現状です。
そこでカタログギフトが味方になってくれるというわけです。

 

カタログギフトは、カタログで取り扱っている中から自分で商品を選んで申し込むだけですから、受け取る側が選べるという大きなメリットがあります。
もちろん贈る側も、何を贈ったらいいのか迷う必要がなくなるため、限られた時間の中でも急遽香典返しを準備することが出来ます。
多くは予算別でカタログが用意されているので、あとはカタログがどんな商品を扱っているのか中身を確認して選べば簡単です。

予算に応じたカタログや品物選びも簡単!

ちなみに香典返しの相場ですが、5,000円までなら2,000円ぐらい、10,000円までなら5,000円が相場と言われています。
だいたい半返しが一般的ではありますが、地域によって違うという不安はカタログギフトを申し込む際に担当者に相談することで問題解決できるのでご安心ください。

 

香典返しのカタログギフトは香典返し用に作られているものなので、カタログの表紙も香典返しに適したものになっています。
カタログを贈る相手に失礼のないような心配りがなされていることもカタログギフトの特徴かもしれません。

 

気持ちが落ち着かずカタログを選ぶことすら難しいかもしれませんが、
価格帯やランキングなどを参考にすれば、迷うことなく選べることが出来ますので難しく考える必要はありません。
のしや送料が無料だったり、喪中はがきも枚数限定で無料で作ってくれるところもありますから、お得に使えるギフトショップを探してみましょう。

 

▼カタログギフトだけでなく、タオルや食品など香典返しに便利な品物が豊富です▼

香典返しに専用のカタログギフトが人気

 

▼一般的なカタログギフトはコチラが参考になります!▼

カタログギフト